• HOME
  • >
  • 正課体育指導

指導の特徴

1.子どもが主役の指導
1.子供が主役の指導

大きな“ねらい”は心身の調和的な発達を促すことです。低年齢児は、飽きやすく集中力が持続しないので楽しいストーリー形式の指導方法で興味を存分に引き出します。
種目例:「三匹の子豚」「忍者の修行」etc.子どもたちは創造を膨らませながら主人公になりきり、夢中で運動に取り組んでいきます。彼らにとってはただ遊んでいる感覚しかありませんが、種目のすべてが運動効果を最大限に発揮できる裏づけのもとに構成されたカリキュラムです。無理のない楽しい運動遊びを豊富に経験し、段階的に一歩進んだ種目へと進んでいきます。
☆体育指導は子どもが主役です

2.メリハリのある指導

こころとからだが共に成長していく為に、カリキュラムの内容を集中→解放→→集中→解放を繰り返す流れにしています。
☆集中と解放を繰り返すことで、メリハリのある子どもが育ちます。

3.応答性のある指導
2.応答性のある指導

指導者は子どもたちと同じ目線に立った指導を行います。応答性のある指導を行うことで子どもたちは自分が主役になり、自ら進んで活動していくようになります。また、消極的な子どもも言葉を発する習慣を身につけることで表現力が芽生えていきます。
指導例)準備体操・体側
指導者「先生が野菜の名前を言うので、みんなはその色を答えながら体を曲げましょう!!」
指導者→子ども「トマト→あーか」「ニンジン→おれんじ」「キュウリ→みどり」「ナス→むらさき」
指導者「はい、上手にできました⤴」

4.褒める・促す指導
3.褒める・促す指導

例えば、種目の説明を先生がしている時に良い姿勢で話を聞けていない子がいるとします。キッズパワーの指導者はできていない子を叱るのではなく、できている子を褒め、そして気づかせます。気がついた子は良い姿勢で「先生見て!!」と発し始めます。
その時に指導者は「良い姿勢だね!!」とその子の“気づき”を褒めてあげます。
そういった一瞬の芽生えを逃さない指導を心掛けています。

☆指示に従うのではなく、自分で気づける子を育てます。

5.楽しかった!で終わる指導
4.楽しかった!で終わる指導

カリキュラムの最後は、楽しい鬼ごっこやゲームを行います。また、次週の内容を子どもたちに伝え、期待感膨らませて指導を終了します。
もちろん、整列・挨拶もきちんと行います。


☆子どもたちから「あと何回寝たら体操なの?」ってよく聞かれます。

カリキュラム内容

1.指導スケジュール

幼稚園の例年間36回
時間例①AM10:00~12:00 40分×3クラス
時間例②AM10:00~12:00 30分×4クラス

保育園の例年間12回 or 40回
時間例①AM9:30~11:30 40分×3クラス
時間例②AM10:00~12:00 30分×4クラス

・時間割やクラス編成は、ご要望により柔軟に対応致します。
・体育指導の他に正課としてサッカー・水泳・ダンス指導も行うことができます。
(プール設備のない場合は、公営プールなどを借りて指導することもできます。)

2.カリキュラムの段階指導

カリキュラム構成の大きなねらいとして「身体活動面=からだ」「精神活動面=こころ」「社会的活動面=集団」の3つの力に焦点を当て、社会で活躍できる力を育てていきます。また、3年計画を立てた『段階指導』で"楽しみながら"跳び箱・縄跳び・逆上がりなどが成就できるようになります。

☆3年計画を立てた段階指導が重要です。

3.カリキュラムの目標設定を行います

☆園にあった到達目標(目安)を決めます
〇水泳・水遊びも導入可能。
〇発表会などのイベントに向けて、発表種目をいれていくことも可能。
〇運動会の発表種目をカリキュラムに導入することが可能。
 発表種目:イス体操・パラバルーン・組体操・サーキットetc.

4.子どもの成長を保護者に伝えます

『体育のたより』を定期的に発行します。
内容は運動面だけでなく、「内面的成長」「運動がどのように生活の中に生きていくか」「逆上がりの成就アドバイスなど」を記載した『体育のたより』を発行し、保護者へ配布しています。
保護者の方からは、園での取り組みがより理解できるようになった。親子の会話やコミュニケーションツールとして活用しているなど大変喜ばれています。

totop